ベトナム割り箸 ― 世界に到達する

割り箸は現代アジアン人の食事の中でだんだん一般化にしています。ホアルー美術工芸品株式会社はベトナムにおいて日本とか韓国市場向け一回使用製品の出産して輸出している一流の企業です。

23年以上の開発歴史をホアルー美術工芸品株式会社である先端分野は国内外の市場向けの割り箸を製造します。 会社は総面積が2000m2を超える大規模な生産工場を所有しており、最新の機械システムを備えており、高品質基準でさまざまな生産要件を満たしています。

ホアルー美術工芸品株式会社の工場長のタン バン トング様と話して生産プロセスと、国内の消費市場と輸出市場に対応するための工場の生産プロセスと能力について知っていました。工場の全て工員は食品安全作業服を着用して作業に入る前に手指衛生、衣服のほこりに関する規制を実施しています。工場には仕事に入る前に体からほこりや汚れを取り除くのに役立つモダンなエアシャワーが装備されています。 さらに、最新の生産機械のシステムにより、最大の輸出および国内注文を満たすために労働効率を役立ちます。

「製品は綿密に検査され、梱包と輸出のための最高品質の供給源を保証します。 このステップは労働者の細心な注意と品質管理者の厳格な品質管理を必要です。」品質管理のヂーン テイー ハイと話します。

工場はデザインや材質やサイズやパッケージなどお客様の最大の要件を満たしています。ホアルー美術工芸品株式会社の使い捨て製品は日本や韓国やアメリカなど信頼されています。割り箸は現代の生活に便利なだけでなくアジア諸国の文化的特徴という箸です。