安全な食堂-安心な労働

食事の品質は社員の健康を確保して労働生産性を維持する上で重要な役割を果たします。この問題はホアルー美術工芸品株式会社の幹部によってトップに置かれています。食品衛生と安全基準を満たす我々会社の食堂です。キッチンを製造工場に導入することで従業員は仕事に安心できるようになります。 キッチンは風通しが良くてメニューは多様で質の高いものであり、従業員の食品が安全と健康を確保しています。

「キッチンに入る前にすべての会社員が体温をチェックして健康を確保しています。 それに各キッチンスタッフは清潔で安全な食品加工を確実にするために標準的な衣類を備えています。 原材料や食品の供給源は毎日新しく購入される生鮮食品で食品の安全性は検閲されています。 さらに我々の会社は清潔な野菜や果物や鶏肉や魚や豚などの食品をキッチンに提供します。」給養員のリュー テイー ヒエンさんと述べます。従業員と労働者の食事はすべて会社から100%支払われます。これは会社の従業員に対する手当です。

「会社で働いていた日から会社の食堂を持っていて農場できれいな食材を保証したとき私は興奮して安心しました。 その上で給養社員は高く評価させておいしい料理を提供します。 安定した生産を確保して高品質の箸を海外市場に持ち込む必要があります。」工員のリュン テイー フオンと話します。

「Covid-19に対する安全を確保しているながら経済を発展している。」という二重の目標を実現するためにホアルー会社は5Kのスローガンに保健省の勧告に従って安全対策を講じています。 さらに、同社はすべての従業員の勤務時間の開始時と正午の初めに温度を監視および取得するための医療チームを含む迅速な対応チームを設立しました。 また、工場に来店されたお客様は温度チェックして手を消毒と医療申告と無料マスクの配布を行ってから出勤します。