農家の人は工員になること

現在農業労働者が企業に工員になることは増加しつつあります。家族には毎月2人が労働者として働いて数千万ドンぐらいを稼いでいます。これは玄米全体を収穫する以上のことです。労働訓練を組織して労働者の健康的な精神生活を築く企業のおかげで田舎で農業労働者の生活が安定して良くなっています。ホアルー美術工芸品株式会社は安定した収入で雇用を創出して労働者に技能を訓練して従業員の健康的な精神生活を築くための活動を組織する典型的な事業です。

「私は6年間ぐらい工員として働いています。最初の時は困難に直面しなければなりません。 ここでの仕事は熟練した経験豊富な労働者が美しくて定期的に国際品質の箸を作ることができるようにする必要があります。」ホアルー会社の箸工場の管理者のファンテイーフオンさんと話します。

 

ソクソン地区は人口の約70%が農業生産に従事しています。 経済生活はまだ難しいです。したがって地区は企業と工場が人々の雇用条件を作って収入と生活の安定性を高めるためのスキルや知識や規律などについて農民を導くって訓練することを強く奨励します。

「以前の生活と比べて今は家族の生活がとても良くになっています。ホアルー会社の工員になっているときは時間枠で働って仕事での責任感が高くてスキルと経験があって、とりわけ安定した収入することから変わりました。 仕事帰りの毎日を利用して畑で働いて稲作をして牛や家禽を飼育することができます。 食料は自給自足で安定した収入があります。」フォンさんと述べます。

私は労働者として上司に管理されて枠組みの中で働いて輸出基準を満たすために商品の品質を管理しなければなりません。多くのプレッシャーに直面しました。 毎日、製品がレシピ基準を満たしていることを確認して無菌やカビなどがないで環境基準に従って商品を管理して日本の基準に従って高品質の使い捨て箸を製造する必要があります。それ以来、私は徐々に農家から、国際基準に従って製品の品質検査プロセスを厳密に把握する専門的で規律のある労働者に変わりました。」ホアルー会社の品質管理分野者で10年間の経験を持つヂーンテイーハイさんと話します。

したがって、ホアルー会社は毎年労働者に雇用を創出します。ホアルー美術工芸品株式会社は割り箸の製造を製造して日本や韓国やアメリカなどに輸出しています。ホアルー会社の製品は無菌環境や天然素材や化学薬品や硫黄などのインキュベーションなしで完全に製造されており、消費者の健康を100%保証します。