伝統的な箸から割り箸まで

ベトナムや中国や韓国などアジアン諸国にとって毎日の食事の中で箸は不可欠なものです。伝統的な箸は竹や木やプラスチックや金属などの多くの材料で作られています。

近年、社会生活は日々変化して急速に発展しています。そのため、旅行やピクニックやファストフード店を満たすために使い捨て物と割り箸が作られました。現在の割り箸は多種多様な体裁と材料で市場に出回っています。割り箸は再利用できないので、再利用可能な箸と比べて、安全性と信頼性が高いです。

箸の尾に小さな木片が付いた割り箸はテーブルに直接接触しないようにします。これは日本のレストランで一般的なデザインです。割り箸のデザインは衛生を確保して食事中の清楚して礼儀をもたらします。

実際、この木片の使用法を知っていてそれが装飾的なディテールで割り箸の美学を高めていると考える人はほとんどいません。 割り箸を使うときは、まず箸の尾で木を割ってから箸を分けて使ってください。天然木を使った箸のサンプルは、化学薬品を染み込ませず、蒸して乾燥させてから形を整えます。クローズド生産プロセスにより、個別のパッケージを備えた完成品は、現代の生活に柔軟性をもたらします。ホアルー美術工芸品株式会社は国内および国際市場向けの使い捨て物と割り箸を提供します。23年以上の経験と、日本や韓国などの気難しい外国のパートナーを満足させるために、高品質の箸製品を提供するための標準的な生産システムを備えています。